2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

化学の問題は理論と具体の両方をを知らないと解けない気がする - 2012.07.24 Tue

 「化学は暗記だから面白くない」と当時か既にら化学好きだった私は高校時代に友人たちから口々にこう言われてひどくショックを受けた。今でもこうやって思い出して枕にするくらいだから相当ショックだったのだろう。彼らにとってはおそらくだけど化学式がただの記号に見えていたのだろう。HだのCuだのと訳のわからない記号の連なりを覚えるのはつらいもの。当時どうやって化学式を覚えていたのかはもう覚えていない。ひたすら好奇心に燃えて覚えていたのかもしれない。反応の裏側にある反応の理屈をぼんやりを思い浮かべたり夢想したりしていような気がする。理屈や反応機構がわかっていれば問題は解けると信じる私の誕生だった。今思えば愚かで怠け者だったなぁと恥じる思いなのだけど。

 大学に入っても結局のところ化学は式丸覚えじゃないにしても暗記でしたというのが今回のオチ。

勿論、裏にある理屈を覚えたり基本的な反応システムを覚えるのだって大事だしそれをしないと大学に来てまで勉強した意味ないしその先にもつながらないのだけど。最終的に、問題を解くもしくはある合成を行う、その反応を起こすためには触媒の利用や温度が重要になってくるのでそれを覚えないといけない。AがBになるとかAにCが付加/置換するとかでは足りない。化学の問題を解くというのは結局自分の中にインプットされた反応機構から必要な触媒や処理を含めてアプローチ&アウトプットという形を取らないとその反応はたぶん起きてくれないし、点にもつながってくれないのですよ。というのが今回言いたかったこと。

もう一つオチをつけるなら、化学に限らず、理屈や仕組みだけじゃなくて(むしろ)具体的なアプローチの手段まで知っておかないと問題は解けないし応用も効きません。という一般化もできますよということだろうか。

怠け者の私には大変不都合なんですけどね。

ああ面倒くさい。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://en1768.blog28.fc2.com/tb.php/228-f5a9c250
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

悩ましいことに «  | BLOG TOP |  » 破片2

プロフィール

えん

Author:えん
思考の垂れ流し。

音楽聞いたり、ギター弾いたり、ゲームしたり、東方したり、本とか漫画読んだりとか。そんな人間です。

ツイッター:en_1768
スカイプ:en-sulfur

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

日記 (14)
本 (3)
ゲーム (0)
未分類 (208)
備忘 (3)

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

博麗ちゃん賽銭箱

マヨネーズ工場さんからお借りしています

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。